高原の夏

暑い~夏!。

少しでも涼しいところに・・・・と富士見高原に行ってきました。

ここJR中央線富士見駅は標高955m余り・・・駅に降り立つと日差しは強いけど、日陰に入るとヒンヤリとした風が

心地いい。

眼前には主峰赤岳を中心にして左右に広がる八ヶ岳の山々に思わず登りたい・・・。


画像


資料室に展示してあった写真です。
画像富士見に行ったら一度行ってみたかった『旧富士見高原療養所』。

現在は普通の総合病院に立て替えられていますが、古い建物の一部を残して展示室として一般開放されています。

木造の古い階段を登るとギーッ、ギーッと一足ごとに大きな音がし、明り取りの窓以外には照明がなく昼間でも
薄暗い。

夜は階段ならぬ怪談になりそうな雰囲気です。

画像











ベッドは畳・・・時代を感じます。

画像


この療養所には、堀辰雄や横溝正史、竹久夢二などが

入院して夢二はここで51歳で亡くなっています。








画像

療養所の紹介文の一部です。

当時の入院費用がいかに高いかったか・・・見てビックリしました。

全国に100数十箇所あった療養所のほとんどは国公立で結核の蔓延を防ぐ目的に作られたいわば『隔離』目的に

対してここは治療を目的にした病院。

食事は当時としては高価だったチーズや牛乳なども提供されていたとか・・・。

病気は体力なくしては治らないのは当然ですが、お金がかかる・・・。

当然ここの入院費は高くなり一般庶民は入院できず、裕福な人だけに限られていたんですね。



画像
ありました・・・『風立ちぬ』の映画の風景です。

堀辰雄の原作を過去2回映画されてこれは2度目の百枝さんと友和さんのワンシーンです。

この他に『月よりの使者』などの映画の撮影現場になっていますが、どれも悲劇的な物語が多いです。

高原・・・療養所・・・・この環境が悲劇をドラマに変えていくんでしょうかねぇ~。








画像
入院患者さんたちの散髪風景。

療養所生活でも明るい雰囲気が感じられる写真です。










画像
町のコミュニティセンターの2階に富士見町にゆかりのある作家・歌人・俳人などを紹介した展示室があります。

音と映像で紹介される富士見の町や八ヶ岳連邦の春夏秋冬の風景に魅了されました。









画像



療養所の庭にあった百葉箱。

かなり老朽化していますが、今でも残っていたのにビックリでした。

この記事へのコメント

2010年08月09日 17:09
お久し振りです。どこへ行っても暑くて外へ出たく無い日々ですね
ドラえもんの何処でもドアが欲しいィ~~毎日でもこうした涼しい所へ行っちゃいますね^^
高原療養所始めて知りました、「風立ちぬ」の映画は昔見た様な・・・
切なくてそれでいてロマンチックで物悲しいですね
当時の結核は不治の病でしたね。医学は発達しましたよね。
2010年08月09日 20:53
堀辰雄は富士高原でしたか!
サナトリュウムって言ってましたよね。
今はこの言葉は使わない?
結核も絶滅に近いし今はこの様な施設(病院)も無いのでしょうね。
富士高原は遊びには行きましたが若い頃で病気の事も関心ありませんでした故に知りませんでした。
堀辰雄が療養生活したのは知ってましたが、場所は判らなかったです。
良い高原ですよね。
2010年08月09日 21:31
笑顔さん こんばんわ。
“ドラえもんのどこでもドア”・・・本当ですねぇ~。
行きたいところにいつでも行けたらいですね。

若い人では、結核療養所って言葉自体を知らないと思います。
私の叔父も同級生のお父さんの結核で亡くなりました。
叔父は戦後まもなく自宅で、同級生のお父さんは療養所で亡くなり、まだ小学生だったけど同級生の彼女が可愛そうでした。
今だったら・・・決して治らない病気ではないのにねぇ~。
2010年08月09日 21:38
さくらんぼさん こんばんわ。
結核が今また・・・蔓延しているんですよ。
今、結核は珍しい病気になったためか・・・また結核を見慣れていない医師が多くなって、返って見過ごしてしまうらしいです。
施設には2週間以上咳が続いたらり、微熱が続いたら受診するように!って保健所から通達が来ています。
昔(大昔ですが・・・)『風たちぬ』を読んで一度行ってみたい!と思っていた土地でしたが、長野の中では観光客も少なくゆっくりと歩ける小さな町でした。
2010年08月10日 18:04
富士見駅で降りて入笠山へ登り、隣の駅からまた中央線に乗るというコースを、二度ほど行きました。
でも隣の駅名が思い出せないので検索したら、「すずらんの里」なんて駅が載ってました。
新しい駅なのかな~?

『旧富士見高原療養所』は、気がつきませんでした。
高原ホテルみたいな建物だったのですね。
2010年08月11日 20:45
カンツォーネさん こんばんわ。
カンツォーネさんも入笠山に登られましたか。
私も数年前の春頃にいきましたが、すずらんが満開でした。
「すずらんの里」の駅名はありますね。
特急に乗ると素通りしてしまいますが、各駅停車に乗ると普段は気が付かない駅名があり面白いです。
もっとも最近はバスツァーで行く山ばっかりで・・・せっかく中央線沿線にいても電車を利用することは少なくなりました。
2010年08月12日 10:24
おはようございます。

7月後半から猛暑にも慣れて元気ですが、
やっぱり涼しい所は良いですね。
涼しい所に行けて良かったですね。

『夜は階段ならぬ怪談になりそうな雰囲気です』
って本当ですね。
当時の療養所は高かったんですね。

今は命もある程度お金で買えますよね。
医学も進んでいるし・・・
2010年08月12日 21:41
さくらさん こんばんわ。
富士見高原は標高が高いので涼しかったですね。
夏の間だけ、ここで過ごしたいです!。
八ヶ岳の山々は毎日眺められるし・・・。

昔の療養所って何だか悲壮なイメージがあったのですが、ここはお値段が高いだけあって部屋も食事も当時としては贅沢なものだったらしいです。
医療保険がなかった時代だから仕方ないですね。
それにしても一般の給与からすると・・・入院費が高すぎるのにはビックリでした。